出張買取の特徴について解説

出張買取の特徴と利用している人

出張買取とは、専門業者が直接自宅に来て不要品を買い取ってもらうサービスのことです。
主に不要品が多くてお店に持ち込むのが大変だったり、自宅の近くに買取専門店がない場合に利用している人がほとんど。それぞれ見ていきましょう。

例えば買い取ってもらいたい商品が多いと、お店へ持っていくのは大変です。たとえ専門店に持って行ったとしても、買取金額に納得がいかなかった場合は家に持ち帰らないといけません。そのことを考えたらむしろ自宅に来てほしいと思うはず。また近所に買取専門店がない人にとって、出張買取サービスはとても便利だと思います。

ちなみにブランド品やジュエリーを売りたい人でも、利用しています。やはり高級品は持ち歩くのというのは不安があると思いますから、その場合は自宅で売る方が安全かもしれませんね。

出張買取の注意点について

出張買取は電話で予約した商品しか鑑定できないので、当日に鑑定品を増やすことはできません。
さらに不要品を買い取ってもらうには、まず「身分証明書」を用意しなければなりません。身分証明書は運転免許証やパスポート、健康保険証などがあります。また身分証明書に記載されている住所でしか買取できず、住んでいる住所が違うと買い取ってもらえないので気をつけましょう。
ちなみに古物営業法に基づいて、18歳未満の人は買取ができません。しかし一部の例外もあり、例えば親から頼まれて売却したい場合だと親からの「委任状」が必要となってきます。


買取店によってはルールが違ってくるので、買取を申し込む際にしっかりと確認しておきましょう。


この記事をシェアする